ユーザー紹介・導入事例

株式会社ニコン

スキマ時間の活用で社員の健康保持・増進を実現

人事・総務本部人事部
健康安全推進課の中附さん(左)、
山口さん(中)、田代さん(右)

光学技術の先駆者として常に時代を牽引しているグローバル企業・株式会社ニコン。2017年に創立100周年を迎えた同社では、社員の健康の保持・増進を行なっている健康支援室で、パワープレート®による健康サポートがおこなわれている。
今回は、健康支援室のみなさまと、パワープレート®を活用いただいている社員の水谷勇太さんと斎藤久美子さんに感想を伺った。

【健康支援室のみなさん】
―健康支援室はどのような活動をされているんですか?

中附さん:健康支援室は、社員の健康づくりをサポートする場所です。健康診断の数値などを元に、社員に体の状態を伝え、食事習慣や生活の改善に関する指導なども行なっています。

―パワープレート®を導入してどのような変化がありましたか?

山口さん:以前に比べて健康支援室を訪れる人が増え、健康支援室の認知度が上がりました。社員の方々とコミュニケーションを取る機会も増えたので、健康支援室が提案できる内容を知ってもらうきっかけになっています。血管年齢を測定するイベントなども行なっているので、そういった新しい取り組みの案内もしやすくなりましたよ。

―今後の目標を教えてください。

田代さん:社員のみなさんが健康に働き続けるためには、予防が大切だと思っています。しかし、健康であるうちは、日々のカラダのケアや事前の対策が大事だという意識は、なかなか持てないものです。
今後、健康支援室では、様々な切り口で「体調を維持するためにはどうしたらいいか」という働きかけをしていきたいと思っています。パワープレート®をひとつのきっかけとして、健康づくりの大切さをアピールしやすくなりましたからね。

【ご利用者様の声】
―水谷さんと斎藤さんは、普段お仕事するなかで、身体に対するお悩みはありますか?

水谷さん:製品の企画や市場調査などを行なっているので、基本的にデスクワークが多いです。
そのため、肩周りは常に気になっていますね。また、学会や展示会に参加することもありますが、その際は長時間同じ姿勢をとることが多いので、肩から背中にかけて負担がかからないように気をつかうこともあります。

斎藤さん:私は知的財産に関する部署に所属していて、商標登録や模倣品対策が主な業務になります。水谷さんと一緒でデスクワークが中心ですね。常にパソコンに向き合っているので、肩まわりや腰のあたりはつねに気になっています。
また、座りっぱなしなので足もむくみがちで…。帰社時にブーツに履き替えたときに、きつくなっていると感じることも多いです。

―パワープレート®をはじめて使った時の感想を教えてください。

斎藤さん:社内に導入されて初めて乗ったのですが、振動が初めての感覚で、素直に気持ちいいなと感じました。最初はどんなポーズが自分にあっているか、様々なエクササイズを試しましたね。

水谷さん:スクワットなどのトレーニングをおこなったのですが、1ポーズ30秒なのに、想像していたよりも、その振動によってしっかり負荷がかかって、短時間でも本格的に運動した後のように感じました。

―どのようにパワープレート®を使用されていますか?

水谷さん:週3回、一回約7分の使用なのですが、トレーニングだけでなく、肩周りのストレッチをよくおこないます。
過去に整体に通っていた時期もあったのですが、社内にパワープレート®があることで、仕事の合間にこうして効率的に肩まわりのストレッチができるのは助かりますね。プライベートでも使いたいので、パワープレート®が設置されている施設が近所にないかと探しています(笑)。

斎藤さん:やはり、私は夕方になると足をリフレッシュしたいなと感じるので、足の筋肉をほぐすような、ストレッチをおこなっています。また、プレートの上にただふくろはぎを乗せて振動を与えるだけも心地がよいので、気に入っています。
また、ただ乗るだけでも全身に振動が伝わるので、気分のリフレッシュにもなりますし、顔全体に振動が伝わるようなポーズをとれば、目元の印象上がります(笑)
女性には嬉しい使い方がたくさんありますよね。

―パワープレート®を使った健康支援の取り組みについてどう思いましたか?

水谷さん:社内でスキマ時間にトレーニングできると、心も体もリフレッシュできて、より健康的に働けるなと思いました。健康やリフレッシュのために運動はしたくても、仕事終わりにジムに行ったり、家でトレーニングしたりする時間がなかなか作りにくいですから。
社内にそういった場所を用意してもらえるのは、社員として有難いことです。

斎藤さん:そうですね。忙しい時期になると、やはり帰りがけにどこかに通ってレッスンを受ける、というのがなかなか続けられなくて…。
でも、今回は会社内で時間を作ってトレーニングできたので、無理なく続けられましたね。
パワープレート®をきっかけに、健康支援室にもっと気軽に来ようという気持ちも生まれましたよ。測定器があるので退社の前にちょっと測ってみようとか。健康への意識が上がったように思います。

株式会社ニコン

公式サイト
http://www.nikon.co.jp/